昨年11月25、26日に明石公園で行われたB-1グランプリ西日本大会in明石では、B-1全国大会に勝るとも劣らない来場者となり、2日間で17万3000人の人たちが明石公園に来られました。予想を上回る来場者に各ブースも早々に列規制をかけるなどの対応に追われましたが、大会は非常に盛り上がり、市内でも過去最大規模のイベントとなりました。また、来場者の多くが魚の棚やパピオス、ピオレ、アスピアなどにも流れ、まち全体が賑わい活気付いた「まつり」となったことが、山崎幹事長を筆頭に真誠会としてもB-1出場当初より応援して来た甲斐があったと感じることが出来る日になりました。我々真誠会メンバーは、アカシクリエイティブクラブと合同で「あかしまちなかスタンプラリー」のおもてなしの抽選会場で運営協力を致しました。沢山の皆様がスタンプラリーに参加され、抽選会場となったパピオスあかしの市民広場は、大いに盛り上がりました。
 今後も引き続き、B-1を通して明石のブランド発信に努めていきたいと考えます。







 先の衆議院選挙におきまして、安倍晋三総裁を筆頭とした自民党が圧勝し、第4次安倍政権が誕生し日本の舵取りを再スタートさせました。そこで日本の経済再生を狙い、 "公共事業"、"大胆な金融緩和"、"成長戦略"の「三本の矢」としてアベノミクスを実行しているところです。今、日本経済が上昇傾向にある中、地方自治体としての担いを果たしていかなくてはいけません。将来を見据えたインフラ投資が必要です。

 このような状況のなか、国においては、大久保北部を通っている、第二神明道路に接続する神戸西バイパスの延伸計画が進められようとしています。
 神戸西バイパスにつきましては、第二神明及び周辺道路の渋滞解消、物流の効率化支援などを目的として、神戸市の垂水ジャンクションから明石市の石ヶ谷地域を結ぶ、延長12.5キロメートルの自動車専用道路で、永井谷ジャンクション以西の6.9キロメートルについては、現在、未整備区間となっております。その未整備区間につきまして、このたび、国土交通省において、「事業の必要性及び進捗の見込み等の視点から、継続が妥当と判断し、引き続き事業を推進し、早期の開通を目指すことが適切である。」との対応方針が示されたところです。
 このことをただの渋滞緩和策の道路事業と捉えることなく、明石の好機、次なる成長戦略としてのインフラ投資と考えなくてはなりません。この第二神明道路と接道する付近の、石ヶ谷地域には市の保有する公有地が約19万uもあります。隣接している遊休地である私有地も合わせるとざっと50万uあります。この広さは明石公園と同等分の広さであります。この公有地をどう有効的に利活用するのかは本市の課題であることは間違いありません。そこで、真誠会として(仮称)明石テクノパーク構想を提言します。工場、流通倉庫等のテクノパークの整備を本市が計画し先導していくべきと考えます。先ほども申し上げたとおり、政府はアベノミクスとして、大型インフラ投資を促進し、金融緩和のもと企業に設備投資を促しております。それを受け企業は、工場の拡充や、流通拠点の整備を行っております。しかしながら、交通インフラが整った関西経済圏への利便性が良く、値段も適度な優良地、適度な土地が不足していることも現状の課題としてあります。そんな現状を鑑みたとき、大久保北部の石ヶ谷付近は、企業にとっても最適な立地であるのではないでしょうか?神戸西バイパス建設にあたり、側道も整備されます。石ヶ谷付近はジャンクションとなっていますが近くにインターチェンジが整備される計画です。関西経済圏にも近く、山陽、中国道にもアクセスしやすい、何よりも通勤が公共交通でも可能であり、しかも時間がそんなにかからない大久保北部は最適な土地であります。何よりも本市にとって多大なメリットも考えられます。財政健全化の視点からも、遊休地の売買によっての収入増、企業からの法人・固定資産税増、そこで働く方が明石へ移住したときの市税増。当然ながら雇用の拡充など、地域の経済は更に活性化致します。当然ながら、経済最優先でなく住人の方々への配慮も考えながらの整備でなければなりません。例えば、自然と共生したテクノパーク、素晴らしい緑あふれる景観を残しながらの整備や、住民の生活圏とテクノパークを完全に分け、渋滞、公害等を起させない住民に優しい整備等も考えながらの計画であります。
 未来の明石も輝き続ける為に、大久保北部に、明石の活力発信基地としての(仮称)明石テクノパークは必要であると考えます。

 
 




ごあいさつ 会派議員一覧 会派政策 活動・取り組み 関連ページ

明石市議会内 真誠会〒673-8686 明石市中崎1丁目5-1      ※このホームページは政務調査費で運営しています
Copyright(c) 2013 SinseikaiI co.,ltd. All rights reserved.